ラジコンオタッキーズ!俺がシケイン

2012.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2012.10

自らの面目を保つ

明日はACEサーキットの定期レースが開催されますが、
台風ジェラワットの雨雲が午後3時過ぎくらいから雨をもたらすようです。
私は仕事なのでレースに影響なしですが、台風の日の仕事ってツイてないわ!

だから、明日のレース進行は駆け足進行で行きたいそうです。
雨が降り出す前に各カテゴリの順位が決まるといいですね。

今日のGPツーリングは5台だった。(と思う。)
前回の路面に比べればしっかりグリップします。
平日のチョリンチョリンセットを少し変えて、(というかいろいろで)

....zzz....


おはようございます、書いてる間に寝てました(爆)
今は翌朝の3時18分です(爆)

そうそう、平日のセットを変えて自己最高タイムを1秒20更新しました。

クラッチは薄い4枚、厚い6枚で走ってました。
終わり1時間前から薄い3枚、厚い7枚で走りましたけど、
たぶん3タンクくらいでストレートエンドのブレーキでエンスト。
再始動しても、地面に置くとエンスト。

たぶん、アジャストナットが開放してるんじゃないかと思います。
電動の人たちが走り始めたのでクラッチもあけずにそのまま撤収しました。
レースに備えてる人たちの邪魔しちゃうかな?って思ったので。

双葉スイッチ取付良好♪

双葉スイッチを取り付けるためにネジ穴を拡大しました。
キリが細いのであまり力は入れられませんし、なかなか大きくなりません。
デザインナイフでざっくり切ってから、電動ドリルで形を整えればすぐ出来ます。


















双葉ネジのヘッドが小さいので、XRAYの穴に陥没するかも。。。
あまり好きではありませんが、双葉の蓋? 化粧パネル? をつけることにしました。


















スイッチは硬いですし、つまみが長い、容量が大きい。
スイッチの不安材料はなくなった・・・ ですよね?

運動の秋だ

野菜の植わっていない我が家の家庭菜園です。
土の状態は以前より良くなっていて、スコップなら軟らかい感触がします。
でも、手鍬だけで耕すにはもう少し混ぜ物をしてあげないとかな?

















ネットがかけてあるほうの畑は、土が団粒化?してきて手鍬でもOKな感じです。

藁をもらった田んぼから、自生した朝顔のつるを片付けました。


















昨日は気候がよかったので、とても体が動きました。
でも、今朝は筋肉痛MAXです。

受信機電源スイッチ

今日は絶好の洗車日和! 
日差しは強かったですが、空高く涼しい秋風が気持ちよかった。

水道ホースのノズルで水圧を調整してざっと洗い流します。
合併浄化槽が植わっているお宅なら、生活雑排水も浄化されます。

















。。。気持ちいい!


















シャーシとアッパーデッキも綺麗にしました。


















今日は気候もいいし、フルメンテしようかな?
と考えていたところに近所の農家の奥さんがきて、
「ウチの稲刈りが終わった田んぼから藁を使って♪」という、ありがたい申し出が。
要するに、家庭菜園に藁をすき込むなら田んぼの藁を使ってもいいよ、ってことです。

折角の好意ですから、すぐに使わせてもらうのが礼というものです。
ガレージでのんびりメンテが終わってから腰を上げたんじゃ失礼ですからね。
どれくらいやったかな? 午前10時ごろから午後3時頃までかかったかな?

で、そのあとはビール&お昼寝タイム。

メンテする時間はないので、スイッチをいじってみた。
前々から日吉クンに忠告されていたXrayのスイッチですが、
セントラルは発売中止したらしいって、忠告から警告に変わってきたので(爆)

とはいうものの、フタバの純正品は大きくて、微妙にボックスには納まりません。
スイッチのケースを取り払って、電線をホットグルーで固定してみた。
これなら振動で断線しないでしょう。

右はJRプロポの小型スイッチを買ってみた。


















どちらも大きさはジャストフィットです。ネジ穴はすこしオフセットが必要です。



































JRスイッチは、コードが細いのが心配で、メーカーに問い合わせてみました。
結果は、クルマを想定したスイッチで、7.4Vは大丈夫だけど、電流が重要だそうな。
常時は1Aくらいで、瞬間は3Aくらいまでだそうです。

そんなこと私にはわかりません。
ということで、フタバのケースなしを使うことにします。

リバースで即効 0.7 秒

うししっ! 
このグダグダブログはいい結果を報告したことはほとんどありません。
6ヶ月ぐらい前を振り返ると、こんな恥ずかしいことしてたよね。。。
って、とっても鈍効な成果が見られる程度ですが。。。今日は違う、けどのちほど♪

ACEサーキットへ到着すると日吉クンの姿はおろか、電源も入っていません。
とりあえず、NOTEのバッテリを親電源にして、NT1の受信機バッテリを充電します。
で、日吉クンに電話をしたら「すぐ行きます!」ってことだったので、
昨日の土砂降りの水溜りをワイパーしてました。

来ました、来ました、セコムの警備員が! 
ヘルメットを被り、防弾チョッキ?を着ています。
防犯センサーが作動したようです。たぶん日吉クンのところには電話が行くと思うので、
警備員も事情はわかっていると思いますが、チェックリストを見ながら全部点検してます。
ゴメンナサイ! 日吉クンが悪いんです。セコムからも厳しく言っといてください。


で、昨日考えていたレース進行のとおり、1人記録会をやってみます。
GP-T1回模擬予選、EP-M1回模擬予選、GP-T2回模擬予選。。。

















昨日の雨で路面はチョリンチョリン。握りすぎてコースバリアに当たった時に釘が。。。
ま、レース決勝だったらそのまま走るので今日はこのタイヤで練習します。

EP-M2回模擬予選のあと、GP-T模擬決勝をやって、自己ベストの2秒落ちでした。
レース日のように路面があがっていればもう少しタイムは出ると思うけど、2秒落ちは泣ける。

EP-M模擬決勝をやってお昼の弁当を食べた後、リバースクラッチのテストです。
ダイナミック右のエンジンに比べ、リバース左のエンジンはPCが硬いわ。


















前置きが長かったけど、昨日組んだ薄い3枚厚い7枚はクラッチが滑り笑っています。
これで硬すぎるのか?と思いバラしてみると、ベアリングオイルがベルとシューにべったり。
薄い4枚厚い6枚にして燃調をとる。

こりゃええわ!

ダイナミックの自己最高タイムを 0.7 秒も更新してくれました。

めくれたフロントタイヤ、オイルが乗っていない路面、
それでも高回転かつマイルドなクラッチはよく前へ出ます。

いずれ、薄いが3枚、厚いが7枚のセットをもう1度試したいと思っています。

いわゆる リバースクラッチ ですが

今日23日に予定されていたACEサーキット定期レースは、
雨天のため来週30日の日曜日に延期されました。
昨日の夕方にオーガナイザー日吉クンから電話がありました。

レースを始めた頃のように、膝はガクガク、手はプルプル、ということはありませんが、
大人になってこんなに緊張したりということは珍しいですから、
是非、昨日までの成果を試してみたかったです。
というのも、来週の日曜日は仕事なのでレースには参加できないのです。

とりあえず、レース用にセットしたクルマでどれくらい走れたのか?
今度サーキットへ行った時にぶっつけでタイムを計測してみたいと思っています。
ポンダーやダンパーシャフトのボールジョイントも香港からギリギリセーフで来たのにね。


















ということで今日は1日、土砂降りの雨だったので、
かなり放置プレイになっているスペアエンジンのリバースクラッチに手をつけた。


















過去を振り返るとワッシャースプリングを使うと、アジャストナットが開放してしまう。
ノーマルのコイルスプリングはかろうじて使えたけど、すぐに滑り始めた。
ハードコイルスプリングでは硬すぎて、クラッチが繋がらなかった。


ワッシャースプリングの数を減らして使っている人がいると聞いたので。。。


















XRAY指定の締め込み量は1ミリ以内のところ、手締めで1ミリ以上締まるよ。
これじゃ、クラッチシューのスライドもないと思います?

これはキット素組みで、ベル側からエンジン側へ薄い5枚と厚い5枚。
これでもアジャストナットは手で締められます。



















追加分を利用して、薄い2枚を厚い2枚に交換しました。
ベル側からエンジン側へ薄い3枚、厚い7枚になりました。



















これなら、締め付け工具がないと締められません。
が、コイルスプリングほどのバネ長もテンションもありません。



















まず、アジャストナットが緩まないだけのバネ長やテンションを確保して、
パンチのでるバネレートを探ることになります。

リフレッシュ完了

フタバのカスタマーサービスでリフレッシュしたプロポとサーボが帰ってきました。
作業は早かったけど、技術料が予想より高額でした。しかも保証なしです。
行き帰りの送料などとあわせると1万円くらいでした。

無変調はなおっています。


















ちょっと。。。このシールって意味ないじゃん(怒)
技術料さらに割高感いっぱい。


















ネジを4本緩めたら、自分で定位置に収まってくれたので問題なかったですが。

ボディはこれかな?

今日はACEサーキットで朝から練習してきました。
ボディは6種類持っていった中から1番から3番まで決めてきました。
あとはレース当日走らせた感じで決めようと思っています。

3番はフロントはいいですがリヤがちょっとむずかしい。。。
2番はアベレージがよくて3枚の中では一番安定してるけど、これからのボディじゃない。
1番は今日の1番時計ですがタイムにバラツキがある。けど、安定するように腕を磨きたい。

日吉クンがね、シールでいいから貼ってきてって言うんですよ。














全くのホワイトボディじゃアナウンスしにくいんだって。
いいじゃん、ホワイトさんって呼んでくれれば(爆)

日吉クン、お昼休みにヘリのエキシビジジョンやってくださいよ〜。。。

 | ホーム |  »

スペシャルサンクス

メールはオシリにタッチ!

メニュー


月別一覧


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse