ラジコンオタッキーズ!俺がシケイン

2009.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2009.05

クロスバイクほしい

5月の連休はスーパーGT第3戦を観戦に富士SWへ行ってきます。
たまには贅沢なスポーツ観戦をしようかとチケットを見たものの、
金額に見合うほど楽しくなさそうなので、ノーマル観戦券だけ購入しました。
指定駐車場券も買わずに、自転車を積んでいく予定です。
トータルで3〜4万円は節約したなぁw 自転車買おうかな(爆)

私はロードバイクを4台乗り継ぎ、1,2台目はすでに廃車。
3台目は屋内練習用のロードローラーに乗っていて実用はムリ。
4台目は変速機が壊れ、固定ギヤにしてしまったためシンドイ。

ママチャリ+α な軽快スポーツ車がほしいなと思って探してみました。
ロードバイクしか乗ったことが無いのでMTBがいいかなと思いましたが、
幅の広い(50ミリ位)ブロックタイヤは街乗りには向いていないそうで、
骨格が頑丈なため重量もかなり重いらしいので却下↓













山を激走するわけではないのでディスクブレーキやリヤサスはいりません。
ママチャリよりソフトな乗り心地がいいなぁということで、フロントサスと
サドルサスはほしいところです。













はじめに目をつけたのが↑軽量なジャイアントのエスケープR2ですが、
タイヤ幅が28ミリとロードバイク並だし、フロントサスが無いのでダメ。
ギヤと変速機の相性が悪くて、変速の時にギヤ飛びするらしい。


ネット上の評判から絞ったのが↓こちらの2台。
タイヤはロード用の35ミリ幅で、ママチャリよりちょっと細い位です。













ルイガノ LGS−TR1
自転車屋さんの評価は、『はじめの1台として教習車的存在』だとかw














トレック7300
自転車屋さんの評価は、『オフロードを走るつもりは無いけれど、砂利道は走る事もあるかもしれない。道路のゴツゴツがあまり体に響かない乗り心地の良いのが欲しいし、せっかく買うのなら丈夫で長持ちするシッカリした信頼のおける物が良い。メチャメチャスピードを出す訳ではないけれど、下り坂でも物足りなさを感じない位のギヤは欲しい。引きの軽いブレーキ、スムーズな変速が出来るコンポーネント、スムーズな動きのフロントサスペンションなどトータルバランスが非常に優れており、耐久性、乗りやすさ、扱い易さなど、どれをとってもこの価格帯のクロスバイクの中では抜群です。』
という熱の入りようです。(爆)

初心者向けのクラスなので、トレック7300の中古で十分かな?
たぶん、サドルなどはもっと高価なものが欲しくなると思いますし。

ドライヤー購入

昨日の続きで、Hiranoさんからのアドバイスです。
結論から言うと希釈しすぎ&一度にたくさん吹きすぎではないか?と。。。

下の写真を拡大すると、マスキングシートに吸い寄せられた塗料が
濃淡になっていますよね。
中央部分も塗料同士が寄り合って濃淡ができたり、弾いたりしている?
















ファスは原液のままでも吹けるらしいのですが、私は希釈しています。
ファスに限らずタミヤとかダイソーの水性塗料も希釈していますが、
ファスだけが弾いたり水玉になってしまいます。

で、解決策は一気に吹かずにドライヤーで乾燥しながら吹くことと、
希釈の具合を調整すればいいですよというアドバイスをもらったです。

フィルターとドライヤー

Aクン用ダッジの塗装が ”やっても〜た” していることについて、
Shonan Craftのmasaさんと平野さんからアドバイスをもらいました。

masaさんは水滴噴出しの可能性はない?というアドバイスをくれました。
コンプレッサーとホースの間にはエアタンクとフィルターがあって、

2重の水取り効果があります。タンクのドレンからは水が出ますが、
フィルターに水滴がついたことはありませんでした。

しかし、エアテックスのQ&Aを見ると、エアホース内で空気と水が分離して
ブラシから水滴を吹くことがあると書かれていました。
ということで、ブラシの手前にハンドグリップフィルターをつけました。

こんな感じです。ボディが透明で中が見えるエアテックスのものです。
ワンタッチジョイントをつけた分だけ長くなり、グリップ感がないです。















タミヤトリガーの握りは、全く今までと同じw
















ハンザはグリップ感が向上して、握りやすくなりました。
















GCIクレオスからも販売されていますが、
ボディはすべて金属なので中が見えません。
フィルターのスポンジも安っぽく感じました。

ながくなったので、平野さんからのアドバイスは今度。

喋らなくてもいい

ETC車載機を取り付けました。場所はドリンクホルダーの上です。
鬼嫁に聞いたら、「ペットボトルが入らないから使わない。」というので、
確かにそのとおりだと思い取り付け場所は決まりました。

場所が決まれば簡単です。
アンテナをフロントウィンドウにペタ。いちおう、アルコールで拭きました。















天井とAピラーの内張りの中にアンテナコードを隠して足元まで。。。
















常時電源とACC電源は車両側のハーネスからテスターで調べて、
な〜んて、面倒なことをしなくてもネットで検索すれば先人がいっぱいです。
常時が白赤で、ACCが白黒ですね?
いちおうテスターで確認して、おっしゃるとおりでした。















上の透明のカプラーで挟み込んでいる車両ハーネス(白赤と白黒)から、
ETCの電源コード(常時黄色、ACC赤色)へ横取りして、
ETCの黒いコードは(−)ですから、ボディアースして配線はおしまいです。

ドリンクホルダー付近に穴を開けて、電源とアンテナのコードを抜きます。
キーを回して作動の確認をしたら・・・















内装を元に戻して、ETC車載機を付属の両面テープで貼って出来上がり。
















音量調整がついていますが耳障り、もっと小さい声にしたいです。
糸入りのアルミテープを貼ってスピーカーを塞いで、まあまあの音量。
もう1枚重ね貼りするほうがいいか検討中です。

私は「ぴ〜」に慣れているので、音声合成はうるさいです。

 | ホーム |  »

スペシャルサンクス

メールはオシリにタッチ!

メニュー


月別一覧


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse