ラジコンオタッキーズ!俺がシケイン

2007.09 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2007.11

塗装ダメダメ

今日はお昼過ぎからボディの塗装をしていました。 が!
なにせ1年ぶり、塗料とシンナーの割合も忘れて、ノズルから出た塗料は綿菓子のような。。。
とりあえず目止めのクリアを吹いて、ついでにミニッツのデカール保護のためのコーティング。
もう少し作業は進んでいますがヘロヘロ状態なので、リカバリーが終わったら一挙公開します。

サスピンの抜け対策は、サスアームの穴にネジ止め剤を流し込んで、
標準より長いピンの先をロッドストッパーで止める!と思いましたが、
こんなに太い穴のロッドストッパーは見たことがない。







←クリックで拡大







とりあえず、左右新品のサスアームに交換しようとスペアを見ると、下にも芋ネジが入ります。
取説は上からだけの指示ですが、サンドウィッチすれば良いかもですね。
シャフトのセンターに切り欠きが入っていると、もっとズレ難くなるんですけどね。






←クリックで拡大








きょうは、久しぶりの塗装がうまくいかなかったのでとても疲れました。
タイヤを貼ってから寝ます。






←クリックで拡大







RRRいいなぁ

今日はシリアスな気分で、娘とプラモを作りながらアフターメンテしています。








←クリックで拡大







昨日の日光で、私のクルマをドライブしたAクンがRRRとの差を比較して解説してくれました。
改善策もなくはありませんが、費用ほどの効果が望めるとは思えませんし、
下手な遠回りを何度となく繰り返している私にとっては、お金を貯めてRRRを買ったほうが。。。

もうちょっと善戦できるんじゃないかと思っていたのですが、
それをするためには、シャーシがTG10なだけというくらいパーツ交換とお金がかかりそうです。

Aクンは今日は神奈川県のBOSSスピードへ行っているはずです。
RRRを買えば今まで知らなかったサーキットも行けるんだよなぁ

対応策を講じなければ。。。

今日は午前中から日が暮れるまで日光無線サーキットで練習してきました。
今日から12TGエンジンで走りましたが、ここで慣らしをするのは無理だと思ったので、
あらかじめ他の広い場所を見つけて8割がたの慣らしを終えてきました。

で、今日の課題はサスのセッティングをエンジンに合わせることと、
クラッチのテストをすることです。
500円タイヤの新品で走らせてアライメントを見て、お昼過ぎからはハイグリップタイヤで
さらに煮詰める予定でしたが、全く曲がりません。








←クリックで拡大







曲がらないだけでなく、コースガイドに衝突するとサスアームのシャフトが後ろへ抜けて、
挙句の果てにステアリングが動かない、ピンの位置が違ってしまいます。








←クリックで拡大







下下が、上下に。
これは何とかしないとですね。

視認性

視力が1.5から1.0まで落ちてしまった昨今は、綺麗な星空を見るのも大変ですが、
台風一過の昨晩は、星がとても綺麗に見えました。

今朝は、冠雪した富士山が絵に書いたように綺麗に見えました。(携帯撮影)







←クリックで拡大







なぜ星空の話かというと、マスキングを終えたボディの視認性を考えているからです。
ラジを走らせているときも、昔みたいに視力がよければなぁと思うことがよくあります。
実物のアクアメンソールのパッケージはもう少しくすんだ青で、画像ほど発色がよくありません。







←クリックで拡大






自分がペイントするボディも、発色次第ではとても見えにくいボディになっていまいます。
ツートンのもう1色は、蛍光グリーンで塗ろうかと考えているくらいです。

蛍光色は廃盤にするメーカーが出てきて、GCIクレオスも先月で生産を終了しました。
選択肢は少なくなりますが、今回は色合いを気にするほどでもないので、
入手可能な蛍光グリーンに蛍光イエローの裏打ちで良いかなと思っています。

問題は青ですが、発色で言えばファスカラーなのかな?

MSアクアメンソール6

静岡は今日も雨。。。と思ったら台風が来ていたんですね。
明日は娘と遊ぶ約束がしてあるので、なるべく今日のうちにやらないといけません。

ネタは「マイルドセブン アクアメンソール 6mg」です。
カラーは、ちょっと前のS耐久のファルケンGTRに似ているかな?






←クリックで拡大







残すは右パネルを左と同じように貼って、フロントグリル、トランクのライン、屋根が少々。
面倒だったのは窓枠のラインとフレアーかな?
フレアーは範囲が広くて曲面でシートも切り刻まれているので仮置き後の修正が多いです。

やっぱり雨だった。。。

グッドモ〜ニ〜ン! ヨシ、まだ雨は降ってないぞ、この明るさなら午前中はいけそう!

「もしもしAクン?午前中だけでも走りに行くわ!」
「オレシケさん、こっちはすでにガシャ降りです。1日ムリですよ、これじゃ・・・」
「え〜、もう降ってんの? こっちのほうが西なのに。。。」

まぁ、しゃーないか! ボディでも作ろ♪
リアル系を作っている暇はないので、2〜3日で形がつくようにナスカー風のネタ物でいきます。







←クリックで拡大







難しいデータはナシね、フレアーもナイトロクラッシャーの時のデータをシアーしただけ。
あとは手持ちのデータと、フォントをアウトラインしたでけです。
パソコンでのサイズ合わせはいつもどおりですが、リアルほど丁寧なことはしなくて良いので、
プリントアウトして、現物合わせして、また修正などということはやりませ〜ん。

ここからがドツボの始まりでした。
いつもはイラストレータから直接カットしているのに、”イラストデータがプリントできません。”
ドライバーをインストールしなおしたり、STiKAとの通信を確認したり、ハード的には問題ない。
ファイルが読み取り専用になっていないか確認したり、保存場所を変えたり、
新しくデータを作り直したり。。。う〜ん、ダメだ! 時間がもったいない。







←クリックで拡大






カットスタジオにデータを飛ばせば切れるんだろうか?
そう思って、カットスタジオをインストールして動かしてみるとご覧のとおり!
よかったよ、とりあえず綺麗にカットしています。

集中力が開放してドット疲れたので、シートのカットとマスキングは明日にします。

全ばらメンテ完了

全ばらメンテが完了しました。あとは細かいセッティングを煮詰めながら走らないと。
Aクンのところへ電話を掛けて、「明日行くから、お暇だったらよろしく!」
Aクン「わかりました、でも仁杉のピンポイント予報は1日中雨ですよ。」

う〜ん、山間地ですからそういう天気もありえますよね〜。。。
あ、悪評が高かった今年のF1を思い浮かべてくれればいいでしょう。すぐ近くなので。







←クリックで拡大







ボディはすでにボロボロで、裏からメッシュテープを貼っただけでは持たないので、
ポリカをサンドイッチするように表裏から補強を入れています。
リアウィングの左翼端板は、それを貼るベースごと吹っ飛んでなくなっていたので、
右側もベースごと切り取ってしまいました。 曲がりやすくなるかな(爆)

全ばらメンテの続きの続き

今日も全ばらメンテの続きです。リヤ周りはかなり汚れていたので掃除が大変でした。
リヤのリングギヤとべベルピニオンは新しいものに交換して、バックラッシュの調整をしました。
前後左が曲がっていたユニバは、前後右の中古をリヤに、新品をフロントの左右につけました。






←クリックで拡大







エンジンの搭載は、少し痛んでいるスパーとピニオンをヤスリで研ぎ出してからにします。
手持ちの中古でテストをして、ギヤ比が決まったらレース前には新品に交換します。

全ばらメンテのつづき

昨日の続きです。
洗浄と注油が終わったフロント周りのパーツを元に戻します。
ユニバは、使えないわけではないので、レース前に交換するつもりで元の位置へ。
リングギヤとべベルピニオンはセットで交換して、バックラッシュも調整してあります。






←クリックで拡大







そのあとリヤ周りと2スピ周りをバラしてみたら、リヤのユニバも左が曲がっています。
リングギヤとべベルピニオンは、トルクがかかる側のギヤ山が痩せていました。
今日は部品を洗浄してベアリングを漬け込むところまで終わったので、
追加の部品を買ってから続きをやります。ユニバは交換することにしました。

全ばらメンテ

エンジンを載せかえるついでに全部ばらしてメンテしておきます。
今日は今までのエンジンを下ろして、フロント周りの稼動部分を清掃します。







←クリックで拡大






ユニバが曲がっているのは承知していましたが、
サスシャフトが曲がっていたり、べベルピニオンが欠けていたり。。。
エンジンのパワーも今までよりあるので、ギヤのバックラッシュなども調整しないと!

 | ホーム |  »

スペシャルサンクス

メールはオシリにタッチ!

メニュー


月別一覧


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse