ラジコンオタッキーズ!俺がシケイン

2005.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2006.01

ありがとうございました

思い返せばゴールデンウィーク。暇つぶしにナイトロサンダーを購入したのをきっかけに、
いろいろな皆さんと知り合って、とってもいい1年でした。

エンジンカー、アドビイラストレータ、ボディペイント、サーキットランはいずれも初体験の
ビギナーですから、皆さんはいい迷惑だったかもしれませんね。

ラジ助さん、kankiさん、ちーぱぱさん、かどりさん、熱いコメントをありがとうございました。
懲りずに来年もお願いしますね〜^^
382
<br />s.jpg







←クリックで拡大







このブログに遊びに来てくれた皆さんも、風邪などひかれませんように
よいお年をお迎えください。

職場で年越しのオレシケより。 ホント、どぶ板踏んでるよなぁ〜

大掃除

例年どおりですが、大掃除が最後まで残ってしまいます。
風のない日を待っていた窓拭き&フィルム貼りも今日を残すのみとなりました。

静岡は東海大地震(起きていない地震に名前が付いているのはこれだけだそうです)の危険性が
指摘されている地域ですから、前々からガラスの飛散防止フィルムを貼りたいと思っていました。

どうせ貼るなら、枠を外して綺麗に貼りたいと思っていたので、ちょっと手間がかかりそうです。
自分より大きくて2層ガラスですから、手を滑らせたらさむ〜い年末年始になってしまいます。
381s.jpg







←クリックで拡大






で、ただ貼るのもつまらないのでkankiさんに教えてもらったフエルトを噛ませたときと、
ゴムヘラだけの時とどちらが傷が付きにくいかテストしました。

結果はどちらも同じような気がします。
強いて言うならフエルトは細かくてたくさんの傷、ゴムヘラは太くて少ない傷です。
どちらにしても、ラジのステッカーなら許せます。私の主観ですけどね。


誰か教えてくださいな

いまTA05に載せているボディは、TG10のオリギナルタイレです。
サーキットでオカマをほられたときに、リヤのボディマウントの穴からヒビがはいってしまいました。
そこで、キットに入っていた2005NSXをペイントしようと準備を進めています。

タミヤサーキットでバックストレートの車両がよく見えないのはお話しましたが、
それも含めてARTAカラーにしようと思っています。
376s.jpg






←クリックで拡大






377s.jpg






←クリックで拡大






ただ、黄色の楕円で囲んである4つのロゴが解読不明です。
どなたかスポンサー名、ロゴがわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願いします。

リンク増強

リンクを増強させてもらいました。岡山のちーぱぱさんのラジサイトです。

”タミヤとレースとレプリカボディのサイト”ってサブタイトルがついているんですよ。
ペイントも上手ですが、EPに懸ける情熱がすご〜!お金もすご〜!

374s.jpg

←クリックで突撃



今年はF201で静岡行きを狙っていたってことは、
kankiさんと火花を散らす予定だったわけですね。


冬休みなのに?

今日も1人の時間があったので、タミヤサーキットへ行くつもりでした。
火曜定休だけど、サンタさんがXBをたくさん買ったはずだから御礼営業するだろう。
とは思いましたが一応確認の電話をしました。→甘かった・・・ノーコメント

年賀状のプリントも終わっていなかったので、プリンタが仕事をしている間に、
TA05の輪荷重を量ってみます。昨日、反省するのを忘れてました。
372s.jpg







←クリックで拡大






          左後輪 355g      左前輪 300g
          右後輪 365g      右前輪 370g
フロントがとってもアンバランスなんですけど、何回量っても同じ結果です。
キロとして考えると、ヴィッツの助手席だけが空席といった感じでしょうか?

車両重量も量ってみました。1kgのハカリなのでバッテリと別々に量ります。
373s.jpg







←クリックで拡大






乾燥重量 1040g + バッテリ他 350g = 車両重量 1390g
やっぱり輪荷重の合計と一致します。

反省会

昨日も突撃しました、タミヤサーキット。一昨日のビギナーズデーとは雰囲気が違います。
ちょっと絡んだので、「あー、ごめんなさい!」って言ったら「なんだよ〜」って返されちゃいました。
368s.jpg







←クリックで拡大







今日は1人で反省会。TA05の旋回性能とスローリーなスロットルのおかげで第1、ヘヤピン、S字の
複合も何とか曲がれてしまいます。急な進路変更で一緒に走っている方たちにもスリリングな思いを
させているので、キット素組みのトーアウトを、ゼロか気持〜ちトーインにしてみます。

曲がりにくくして、スロットルワークとライン取りで曲がれるように練習するためです。
370s.jpg







←クリックで拡大






ダンパーも硬さが違うので、エアを噛んでいるかもしれません。4本とも組みなおします。
369s.jpg







←クリックで拡大






371s.jpg







←クリックで拡大






組み直す前より良くなりましたが、まだ同じ傾向があるので硬い2本を前へ、
軟らかい2本を後ろへもっていきました。おかげで、左右差は改善されました。

リンクしている柿本レーシングのような4輪アライメントテスターやショックダンパーテスター
のようにはいきませんが、同じことをやっているので自己満足して反省会を終了します。

TA05シェイクダウン

一路タミヤサーキットへ。送信機とクルマ以外は満充電のパック2本という身軽さで出発です。
やっぱ充電器も持ってこ。私の安定化電源は、容量が大きくて重いので持ち運びには不便です。
3本目も走れそうなら、車のバッテリーから電源を取ります。

キター!今までは見学ばかりだったので、オンコースデビューになります。
受付窓口でルールやマナーを聞いて受付をします。TA05と書くときに自己満足に浸ります。
366s.jpg







←クリックで拡大






前回のビギナー走行会”RCパーク”に来ていた人もいたので、ちょっと安心。
でもその安心もつかの間、小学生に”あの車、チョー怖えー”と言われる始末です。
本当は走行写真も撮りたかったのですが、皆さんに迷惑なのでやめておきます。

1本目は、どこに行くかわからない屋台練り歩き状態。木製バリアのコースエンドなら骨折です。
2本目は、先のコーナーを見るようにしようと思い立ったら、おっコースアウトはしなくなりました。
367s.jpg







←クリックで拡大






シケイン状態は続いていますが、おもしろくなってきたので、合計3パック走りました。
結果的に、さむーい駐車場で充電する羽目になりました。

TA05かんせーい

「私っち、クリスマス映画見に行ってくるから。」と嫁に言われ、
「ふ〜ん!」とへいそうを装ってみるけど、腹の中では”今日はビギナーズデーじゃん、ラッキー”

TA05のシェイクダウンをするにはもってこいです。
嫁と娘が出かけたら、残す足回りとメカの組み付け作業をします。
360s.jpg







←クリックで拡大






この部品はランナーから大きめに切り取って、カッターナイフできれいにします。
切り過ぎると、ダンパーオイルの抜けが多くなってしまうので、ていねいに・・・

361s.jpg







←クリックで拡大






ダンパーオイルのエア抜きをしたら、気泡がなくなるまで放置しておきます。

362s.jpg







←クリックで拡大






ダンパーのピロマウントを握って、動きをスムージーにします。

364s.jpg







←クリックで拡大






モーターとメカを載せて、かんせーい!時間は正午を回っています。
時間がないのでタイヤは中古。新品モーターも慣らしをしたいので、今日は中古です。

アンプもデカイし、スイッチも仮置きですが、なんとかシェイクダウンは出来そうです。
コンビニでむすびとサンドウィッチを買って、車中で食べながらタミヤサーキットへ向かいます。

う〜ん、カッコイイ

今日はフロントの足回りを組んで、ダンパー作成の手前まできました。
作業台に使っているガラスの映りこみとマッチしてカッコイイ〜!と自己満足に浸る。
シャーシの歪み防止のために、ガラス板の上で終始シャーシを押さえながら組み立てています。
354s.jpg







←クリックで拡大







フロントアップライトは、ペーパーでパーティングラインを落としただけです。
アクスルの入り口は硬いですけど奥は緩々なので、入り口にあわせてはいけません。
355s.jpg







←クリックで拡大







ロアアームと擦れるところです。角を面取りしておきます。
357s.jpg







←クリックで拡大







フロントアクスルとロアアームを結合するシャフトです。脱脂してスムージーな動きにします。
358s.jpg







←クリックで拡大







あ〜、疲れました〜。足1本に1時間、合計4時間位かかっちゃいました。
部品の形が複雑だから金型作るのも大変でしょうけど、作り手の修正も時間がかかりますね〜

前後ともにロアアームとアクスル(アップライト)の結合シャフトを通す穴の渋さが気になります。
少し走らせて改善しなければ、いらないシャフトとコンパウンドで擦り合わせしようかな?


リヤ足までです

EP(?)ラジ助さんの情報で、リヤのドックボーンの逆勾配は正常なのがわかりました。
今日は右リヤのドックボーンとアーム周り、フロントロアアームの組み付け作業をしました。
348s.jpg







←クリックで拡大







ロアアームとアップライトの稼動部分をヤスリがけして、スムージーな動きにします。
ヤスリがけだけだとケバケバしてしまうので、最後にカッターナイフを立ててケバを剃ります。
349s.jpg







←クリックで拡大







シャフトが通る穴は、カッターナイフで面取りします。
350s.jpg







←クリックで拡大







脱脂したシャフトを通して、ロアアームをにぎにぎするとスムージーになります。
これで、アップライトを入れると渋くなっているはずです。ロアアームを握った分だけ
横に潰れているので、また削ります・・・を何回か繰り返しました。
351s.jpg







←クリックで拡大







アップライトのシャフトが通る穴も面取りしました。
組みあがったときに、前後のガタがなく上下にカタカタ動く足を作ります。
352s.jpg







←クリックで拡大







フロントのアッパーアームが付くピロボールの高さをあわせています。
雑に作るといろいろな雑が複合してバランスの悪い車になっちゃいますからね。
353s.jpg







←クリックで拡大







このあとロアアームを取り付けると一番上の写真になるわけですが、
フロントのロアアームは”スムージーにぎにぎ”をしないほうがいいかもしれません。
握る前より渋くなってしまいます。スムージーにはなりませんでした。

何回か握っているうちに元の硬さには戻せますのでチャレンジに恐れることはありませんけどね〜
少し走らせて改善しなければ、ドリルで穴を拡大する予定です。

 | ホーム |  »

スペシャルサンクス

メールはオシリにタッチ!

メニュー


月別一覧


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse