ラジコンオタッキーズ!俺がシケイン

2005.10 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2005.12

きれいになったかな〜

「ちょっと!ぬぅわによ、これ〜!」

    思いっきり、木梨ノリコの口調で叫びたくなります。
299s.jpg







←クリックで拡大






漂白剤の100%原液を1日ごとかえて、丸2日漬け込んでもこんなもんか〜?
これが全部、化学変化するには10本くらいの漂白剤と、2週間位の時間がかかりそうです。

ちょっと、カスタマーに電話してみよ〜
私 「すみません、クラッドバスターQDのスペアメッキパーツありますか?」
カ 「ちょっと待ってくださいね・・・。あっ、あります。」
私 「品番と値段教えてください。」
カ 「9804069で650円です。」
私 「あ、ありがとうございました・・・」

「エ゛〜!ぬぅわに、それ〜〜!」

思いっきり、木梨ノリコの口調で叫んで、キッズランドに注文の電話をしましたよ。
売価520円、あやうく期待薄の素人メッキを2000円でやるところでした。
ワイルドウイリー2のタイヤ&ホイールを注文しても、合計で売価2650円でした・・・

フィルターGET!

やっと落札しました。コンプレッサとブラシの間に入れるエアフィルターです。
SMCの3000系ですから型落ちですが、未使用品です。
現在の2桁品番でいえば30系と同等品ですが、後者のほうがコンパクトになっています。

当初はレギュレーター付を検討していましたが、これよりも小さい20系(2000系)の中古で
2000円を超えます。だったらレギュレータなしでも大容量で安いほうがいいですよね。
ちなみに、ペインターに有名な某コンプレッサに付いているのは、20系(2000系)です。
300s.jpg







←クリックで拡大







最後に競ってきた人がいて、1000円のつもりが1700円になってしまいましたが、
出品者が発送方法に柔軟な方だったため、その差額でペイできました。


メッキパーツ

メッキパーツはこれだけありますが、いずれも錆が浮いてくすんでいます。
どんなメッキ処理剤を使うにしても、この下地では作業は出来ません。
297s.jpg







←クリックで拡大






キッチン用漂白剤につけて、今のメッキをはがしてしまいましょう。
296s.jpg







←クリックで拡大






メッキ処理剤もいろいろとググってみましたが、2000円位かかる割には効果薄のようです。
ウチの近所って、トヨタの関連企業「小糸製作所」の下請工場がたくさんあるんだけど、
どこかでメッキしてくれないかな?

サンルーフ仕上げ

今日は、途中になっていたサンルーフの仕上げをします。
まずはペーパーを、1200番、1500番、2000番の順にかけていきます。
295s.jpg







←クリックで拡大






その次は、仕上げ用コンパウンドのの登場です。
291s.jpg






←クリックで拡大







私は古着を使いましたが、ネルとかメガネレンズ用クロスなどのほうがいいかもしれませんね。
292s.jpg







←クリックで拡大






綺麗!確かにまだ細かい傷が残っていますが、この後処理に2000円の価値は見出せません。
293s.jpg







←クリックで拡大






フロントガラスの被った様な白くくすんだ色と、サンルーフの透明感がわかります。
294s.jpg







←クリックで拡大






スムージングされたサンルーフがとってもイイ感じです!

MDカラーサンプル

今日はMDインクのカラーサンプルを作ってみました。
MDプリンタでドットのない階調表現をするためには、単色の重ね塗りという一つの手段があります。
特にMD−5000より前の機種は解像度が低く、モニターに表示された色をまともに出力
するとボンネットピンなどの細かい部品は、とても醜いものになると予想しているからです。

イラストレータは、デカールやステッカーを作るにあたってYMCKのチャンネル調整ができ、
透明を理解するところに強みがあるといわれています。
私もそれに習って、シアン、マゼンタ、イエローは、イラストレータで100%にして
透明のプラ板に、プリンタのページ合成で1回から5回の重ね塗りをしていきます。
289s.jpg









←クリックで拡大









ブラックは、10%から100%の10段階データを印刷設定のグレイスケールで出力するものと、
ブラック100%のデータを印刷設定のカラーで、1回から5回重ね塗りするものを作ります。

結果は下のとおりで、イエローは100%出力にもかかわらず他の色がドット表示されています。
マゼンタ、シアンはドットなしで綺麗に出力されています。

ブラック100%を1回から5回重ね塗りしたものは、階調は綺麗ですが紫がかっています。
グレイスケールで10段階濃度印刷したものは見事なドットっぷりですが、
小さな部品のカーボン調表現などに使えるかもしれません。
290s.jpg








←クリックで拡大








先日注文した白のサンプルを作ったら、クリアシートを貼って名刺サイズのカードにします。
ぶっつけ本番の重ね塗り調色よりは、リスクが減ることを願って作りました。

あとは、マゼンタは色落ちしやすいので気をつけたほうがいいことを再確認しました^^;
ブラックの真ん中の傷はプリンタ内で付いたものですが、プラ板への出力という悪条件とはいえ
要チェックですね。デカール職人の方たちも苦労しているようです。

2つの白

きょうは、MDインクを注文しました。
デカールやステッカーを作るのに必要なアルプスのサプライ品は、
私の住んでいる地方のショップの店頭にはありませんでした。

タミヤフェアでペインターさん達に聞けばわかるはずと思っていたのですが、
皆さんも通信販売を利用してまとめ買いしているとのことでした。

ヒェ〜!インク代のほかに送料までかかるんですか〜!
私が欲しいのは、デカール用の特色ホワイトとステッカー用のベースドホワイトで、
ベースドホワイトは1本1500円以上するんですよ。

しまった〜!どこで買えば一番安いか聞いておけばよかった〜
とは思ったものの、いつものようにネットを徘徊した結果アマゾンで買うことにしました。

MDインクなら2本以上買えば送料無料だし、カード払いなら経費はかかりません。
インク自体の値段が2割引で買えるなら、地方の店頭より安いくらいです。
なんだ!この値段とカード払いならもっと早く注文しておけばよかった・・・

けがき針 作成

今日は久々に夜のお誘いがかかったので、簡単に出来る「けがき針」を作ってから出かけます。
市販品は1000円くらいするけど、ポリカボディに使うことはあまりないと思うので105円で・・・
285s.jpg







←クリックで拡大






ダイソーなどでシャープペンシルを買ってきます。肝は先が金属製であることです。
同じ文具売り場にあった画鋲の針と見比べて、0.7ミリ芯のペンを買いました。

売り物のスケールで購入品のサイズを測ったり、極めつけは「お試しインターネット」のパソコンで
購入予定の家電の値段を、価格コムと比べたり。。。俺って、イヤ〜な客ですね〜
286s.jpg







←クリックで拡大






歯医者になった気分です、ウッシッシッ!
287s.jpg







←クリックで拡大






画鋲の針をハンマーで打ち込んだところです。
288s.jpg







←クリックで拡大






予想以上にいい感じです。クラッドバスターのフロントスカートとフェンダーのつなぎ目を彫るのが
初仕事になるかな?マスキングのミスを修正するのに大活躍しそうなヨカ〜ン!


ちょっと、買い物

何を買ってきたかというと、まずはサンルーフを綺麗にするペーパーセットと仕上げ用コンパウンド。
上級ペインターのサイトを見ると、このコンパウンドのあとにハセガワのセラミックコンパウンドや
精密屋とかいうところの2000円くらいの材料を使って、更に仕上げるようです。
281s.jpg





←クリックで拡大






お次は、スペアボトルと塗料皿代わりのお弁当用プチカップ。金属性塗料皿のほうが安いけど、
蓋付と使い捨ての使い心地を試そうとダイソーで買いました。
282s.jpg






←クリックで拡大






デジカメプリントを取りに行ったついでに、フィルムケースをもらってきました。用途は上と同じです。
蓋の形状によって気密性が違いますが、気密が高いほうのケースなら重宝すると思います。
284s.jpg







←クリックで拡大







透明のプラ板と名刺ホルダーです。
タミヤフェアのときにART-Hiranoさんがブラシ塗装のカラーチャートを見せてくれました。
それを真似するためです。とりあえずは、MDインクのカラーチャートも作ろうかな?
283s.jpg







←クリックで拡大







水砥ぎ8

いよいよ、最後の難関荷台です。とはいっても、凸凹が多いために手間がかかるだけです。
下地作りは非常に大切です。面倒がらずに無心かつ、淡々といきます。
模型では初体験ですが、実車では何度か経験しています。
279s.jpg







←クリックで拡大






できた〜!バンパーの裏側まで段つき修正してました、アホやな〜
280s.jpg







←クリックで拡大







さて、サフを吹きたいところですが、まだフィルターレギュレータが未購入です。
メッキパーツの再生方法でも勉強しようかな。お勧めがあったら教えてくださいね〜

サンルーフ加工

今日はサンルーフのスムージングをしました。
クリアパーツ研ぎ出しの材料費がお高いので、対費用効果を考えると二の足を踏んでいました。
でも、普通のコンパウンドまでの仕上げをやって、あとはお金が出来たときにやることにします。
277s.jpg







←クリックで拡大






特に難しいことはありませんが、均等にヤスリをかければOKです。
600番でかけましたが、もっと荒いペーパーからやったほうが楽ですね。
278s.jpg







←クリックで拡大






いいじゃないですか〜、って自己満足の世界なので共感して頂けるかわかりませんが・・・
クリアパーツがかなり飛び出していて、おもちゃ的だったのですがスムージーになりました♪

 | ホーム |  »

スペシャルサンクス

メールはオシリにタッチ!

メニュー


月別一覧


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse